マリー・シェーファー 講演会:「音楽」からサウンドスケープへ


サウンドスケープという言葉を提唱したカナダの作曲家、環境研究家マリー・シェーファー 講演会が行われます!map第2号でインタビューをさせていただいた鳥越けい子さんの「人生のを決定づけた人」です。これは御都合のつく方は行かなきゃ損ですね!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

日本サウンドスケープ協会・日本カナダ学会関東地区 共催

マリー・シェーファー 講演会:「音楽」からサウンドスケープへ

* * * * * * * * * * * * * * *

世界音響生態学フォーラム(WFAE2006 in Hirosaki)のために来日する「サウンド
スケープ」の提唱者、マリー・シェーファー氏が、作曲家、音楽家の立場から、何故
サウンドスケープに向かったのか、そこで今、何をしているのかを語ります。
今回、東京で唯一の講演の場です。ぜひ御来聴ください!


● 出演:マリー・シェーファー(R. Murray Schafer)
コーディネーター: 鳥越けい子(音楽学・サウンドスケープ研究)
      コメンテーター: 宮澤 淳一 (文芸学・メディア論)

● 日時: 2006年11月17日(金) 18:30 〜 20:30
                   (開場18:00)
●会場: 聖心女子大学 宮代ホール
      150-8938 渋谷区広尾 4-3-1 Tel 03-3407-5811(代表)

入場無料(予約不要です。直接お越しください)
大学への道筋は、以下の聖心女子大学HPを参照ください
http://www.u-sacred-heart.ac.jp
 恵比寿(JR山手線)よりタクシーで約10分
東京メトロ日比谷線広尾駅下車徒歩5分



[PR]
# by mapmagazine | 2006-11-16 14:37 | NEWS&イベント

ファミレス会議

今日は今度のmapで紹介する新ブランドのデザイナーの田中さんとgento氏と表参道で打ち合わせ。10時に待ち合わせるが、ほとんどのお店が11時開店だったので、ROYAL HOSTに落ち着く。せっかく青山に行ってファミレスというのも物足りない気がしたけれど、テーブルも広いので、打ち合わせには最適の環境だった。メニューも豊富だし。こんどはモーニングセットが食べたい。
 朝の限られた時間での打ち合わせは短時間なのにいろいろ話が出来てとても充実していた。これが夜だったらきっと話題が脱線し、まったりモードになってしまうだろう。ブランド名が変更するらしい。名前から来るイメージの影響は大きいから名前を決めるのも大変だ。記事はだんだん良い感じで固まってきた。期が熟したという感じ。あとは形にしていく番です。
[PR]
# by mapmagazine | 2006-10-31 00:11 | 編集日誌

撮影と蚊の大軍

今日は新進気鋭の若手デザイナーによる新しいブランド、ATELIER WALTZ の作品撮影。
午後からは屋外で撮影。出かけた先は国立天文台。趣のある古い建築と自然に囲まれた空間。晴天にめぐまれ、気分はピクニックだったのに、そこには予想外の出来事が待っていました。
 子孫を残そうと命がけの今年最後の蚊の襲撃に会い、蚊との壮絶な戦いを間をぬっての撮影に。長そでのW君は顔を集中攻撃、露出された皮膚なら所構わず襲いかかる蚊。蚊。蚊。守衛さんに蚊よけスプレーを貸してもらう事ができて本当に助かった。これがなかったらもうアウトでした。でもムヒはないので、刺されてしまったらひたすら我慢。なぜリンスインシャンプーのように蚊よけとキンカンが一緒になったスプレーがないんだろう?きっとあったら売れると思うんだけどなあ。。
 相当刺されたであろうモデルさんですが、写真では蚊の気配すら感じさせない余裕の雰囲気をかもし出していました。完璧です。この写真は次号のマップに掲載予定です。


d0017082_18161336.jpgd0017082_18171250.jpg
[PR]
# by mapmagazine | 2006-09-25 00:25 | 編集日誌

ファッション特集するにあたって

ファッションを特集するにあたっていろんなファッション雑誌を見てみたのですが、パラパラめくるほど何だか混乱してしまう。ファッションというものは私達にとって、衣食住の衣に関わるとても身近なものである反面、捕まえようとすると雲みたいにふわっとどこかへ逃げてしまうような感じがする。銀座等を歩いているとまるで街を歩いている人が雑誌からそのまま出てきたような印象だけれど、果たして都市に生きる人にとってのリアルなファッションというのはどこにあるのかというとさっぱり分らなくなってしまう。
 普通、流行はファッション業界からジャーナリストを経由して雑誌等を通じて一般の人たちに届く。もちろん私自身ファッション雑誌を見るのは大好きですが、ファッション雑誌をいくら眺めても見えてこないものがあると思う。
 きっとmapにできることはそれを探していくことかなと思います。ファッションをなるべく自分達の視点から見てみること。ひとりひとりにとってのファッションとの関係を深めていく事で面白い物が出来てきたらいいと思うのです。
[PR]
# by mapmagazine | 2006-09-19 00:09 | 編集日誌

百年

残り少なくなってきた第二号ですが、少しでも多くの方に知っていただくため、また新しいお店にも置いてもらえたらと思っていた矢先、吉祥寺に素敵な古本屋さんがオープンしていました。 百年 という不思議な名前のそのお店は、かわいい絵本や雑貨から、かなり渋く、マニアックな文学、アート系の古本まで幅広い品揃えになっていて、見ていてとても楽しいです。mapも置いていただいていますのでぜひお立ち寄り下さい。
[PR]
# by mapmagazine | 2006-09-10 21:51 | NEWS&イベント

次号に向けて

 早いもので、第二号完成から一年がたとうとしています。
次号はFASHIONを扱うという事で前からテストシューティング、打ち合わせをくり返してきましたが、ようやく方向性が見えてきましたので、秋から本格的な編集作業を開始します。
 体裁面では、今度は少し冒険してみようと思っています。キーワードは「マルチプル」。箱を開けた時のようなわくわく感を本でどう表現するか、手に撮った時の質感で、読者の五感を刺激したい!と思っています。オランダ、チェコ、ドイツ・・・contemporary creation +のgento氏がヨーロッパから持ち帰った様々な国の雑誌、アートブックに大いに刺激を受けております。本って、いいですね。特にインディペンデントの本には作者の思い、ぬくもりまで伝わってきて、ついコレクションしたくなってしまいます。そんな本目指していこうと思います。
 情報面でも独特の情報網を駆使し、独自の視点を大切に丁寧に作っていこうと思います。記事が決まりましたらまた発表します。ぜひ次号も楽しみにまっていて下さいね!!
d0017082_13311243.jpg

[PR]
# by mapmagazine | 2006-08-24 13:28 | 編集日誌

天狗の聴いた音風景

高尾山の中腹に巨大なトンネルを作るという「圏央道建設計画」。その危険性にサウンドスケープの立場から発言を続けている鳥越けい子さんが企画するシンポジウムが5月28日(日)に開かれます。ぜひ御来場下さい。


 高尾山といえば、私たちにとってとても身近な山。小学校のとき、遠足で行った人
も多いでしょう。が、実はこの山は、東京で唯一の「霊山(信仰の対象となっている
山)」です。この高尾山が今、ひとつの危機に直面しています。
 シンポジウムでは、高尾山と深い交流をお持ちの辰濃和男氏に、高尾山の魅力とこ
の山で今、何が起っているかについてお話しいただきます。また、各専門家に都内唯
一の霊山である高尾山の自然や文化等の価値を解説いただいた後、そこから辿ること
のできるサウンドスケープと現代社会の課題について考えます。
 入場無料。会員・非会員に限らず、どなたでも参加できます。皆さまお誘いあわせ
のうえ、ご来場ください!


***********

天狗の聴いた音風景
〜高尾山の価値をめぐって〜

●日時:5月28日(日) 2:30〜6:00pm

●会場:聖心女子大学 宮代ホール(東京都渋谷区広尾)

●プログラム:

  第一部: 騒音問題に関わって:横田から高尾へ
           関島保雄 (弁護士)
           聞き手:平松幸三 (京都大学)

  第二部: 冷気から霊気へ 辰濃和男 (ジャーナリスト)

  第三部: 高尾山の価値をめぐって
           小泉武栄(東京学芸大学)
           峰岸純夫(元都立大学)
           大門信也(法政大学大学院)
           コーディネーター:鳥越けい子(聖心女子大学)
 
※シンポジウム終了後(6:30〜8:00pm)キャンパス内の食堂で懇親会
(有料:¥2500)を予定しています。参加希望の方は、予め申し込みをしてください。

【本件に関するお問い合わせ・連絡は、鳥越torigoe@u-sacred-heart.ac.jpまで】

鳥越けい子(平成18年度シンポジウム実行委員長)





[PR]
# by mapmagazine | 2006-05-24 19:05 | NEWS&イベント

3月25日は平石さん関連イベントが2つあります。

平石博一さん 関連イベントのお知らせです。
以下詳細、平石さんの文章を転載致します。
なおアップリンククファクトリー(渋谷)ではハシモトさんの個展に引き続きmapを販売してていただいています。

●●●PreAva 第1回公演「ショパンを聴いて戦争へ行こう!」

詩人の松井茂さんと、ヴォーカルの さかいれいしう さんのユニット「プレ・アヴァ」のために「ショパンを聴いて戦争へ行う!」という作品を作りました。
アップリンクファクトリー(渋谷)http://www.uplink.co.jp/での公演です。

『naya collective collection#4』
PreAva 第1回公演「ショパンを聴いて戦争へ行こう!」
2006年3月25日(土)15:00 開演(14:30開場)
前売¥2,500/当日¥2,800(1ドリンク付)
出演:PreAva(詩:松井茂、声:さかいれいしう)
委嘱作曲家:平石博一、宮木朝子、安野太郎

ナヤ・コレクティブのページです。
http://www.purple.dti.ne.jp/naya/contens/index.htm
tel&fax 03-3921-4309

さかいれいしう さんのHP
http://www.reisiu.info/

●●● 室内楽団【カッセ・レゾナント】ライブ2006


侘美秀俊さんの主宰する「カッセ・レゾナント」のために あたらしいスコアを書きました。 作品のタイトルは「Bicycle Boys Bicycle Girls」です。

2006/3/25(Sat.)
18時30分開場 19時開演
ライブハウス バディ
 東京都練馬区旭丘1-77-8双葉会館B2F
 http://www.buddy-tokyo.com/
 チケット発売中
 ■2,000円(1ドリンク別)
 問い合わせ:
  カッセ・レゾナント制作工房 03-3384-9334
[PR]
# by mapmagazine | 2006-03-23 21:39 | NEWS&イベント

私と町の物語

ブログ、復活しました。他のブログに変えようかと思っていたので、よかった〜(ホッ。)
鳥越けい子さん関連のイベントのお知らせです。以下転載。


会期:2006年3月18日(土)〜19日(日)、3月22日(水)〜26日(日)
※休館:3月20日(月)+21日(火・祝)
時間:12:00〜20:00(日曜日のみ10:00〜16:30)
会場:生涯学習センター「ばる〜ん」(旧・港区立桜田小学校)

港区の懐かしい写真と物語の展示はもちろん、
今年も盛りだくさんの作品展示とイベントを予定しています。

今年の参加アーティスト
●鳥越けい子
●水と油
●開発好明
●西村陽平
●谷川俊太郎+谷川賢作
[PR]
# by mapmagazine | 2006-03-19 22:08 | NEWS&イベント

ハシモトミカさんの個展とイベントのお知らせ

ハシモトミカさんの個展が2/25〜3/9までアップリンクギャラリーで開催されます。
今日電話をしたら「今せっけんを彫ってて手がベトベトなの〜」と言っていました。
映像作家のハシモトミカさんがなぜせっけんを??今回の個展では映像作品はもちろんのこと、どんな風にミカさんの世界が構築されているのか、その見せかたもまたとても楽しみです。
 初日の2/25(土)にはオープニングイベントがあります。ミカさんのお友達のジャズミュージシャンの豪華な面々による演奏。一部ミカさんもピアノで参加するそうです。実はミカさん、大学時代ジャズ研に所属していたのでなかなかの腕前。(私も宴会部員として所属していた為、そのころからのおつき合いなのです。)トランペットの山本さんは当時からかっちょい〜存在でしたが、プロとして活動している今、またその音楽に磨きがかかっったのだろうなあ・・・とても楽しみ。
 トークではミカさんも私だったら緊張しないで作品の事、考えていること等、話せるかも、ということなので、面白い話をいろいろと聞きだせたらよいのですが・・・
 アットホームな雰囲気のイベントになりそうです、といっても知人だけのイベントではありませんので、1人でも沢山の方に気軽に来ていただけたら嬉しいですとのことです。


ハシモトミカ『ダリア窓』展

期間:2/25(土)〜3/9(木)

オープニングイベント『ミカリ with Live session & Movie & Talk』

日時: 2月25日(土)開場14:30、開演15:00(終演:17:00)
場所: UPLINK FACTORY
料金: \1,500(整理券は13:30から配付します)
出演: 春犬バンド(中村尚子・ピアノ スズキケンタロー・コントラバス)
    須藤かよ(うた、ピアノ、アコーディオン)
    山本ヤマ(トランペット)
    塚原幸太郎/worm eaten consequences(音響)
    小浜はるみ(写真家)
[PR]
# by mapmagazine | 2006-02-17 22:22 | NEWS&イベント