カテゴリ:編集日誌( 26 )

トナー切れ

マップも追い込み。何と言ってもこの時期一番つらいのが、レーザープリンタのトナー切れ。いい調子で印刷していたのに、やられた・・・・印刷している以上トナーがなくなるのは当然、そう思いつつもトナーが切れる度に毎回落ち込む・・・印刷機は機械よりトナー代の商売なのだということが証明される瞬間だ。悔しい〜。もう少しがんばってほしかったというところでトナー切れっていうのは特に・・・はあ・・・焦る気持をおさえて一休み、ということなのでしょうか。その間に残りの記事を完成させよう。
[PR]
by mapmagazine | 2007-04-25 18:38 | 編集日誌

道具ってすごい

マップはA4に印刷した紙を半分に手で折って重ねて最後に製本という順番に作っています。ただ今せっせと紙を半分に折っている真っ最中。今回出会ったすぐれものは写真手前の板です。これは製本用の道具で紙をぴしっと折るためのもの。
 でもはじめはどう使っていいのか分らず力がはいって、意味があるのかなと思っていました。ところがある時、下から上へとまっすぐにス〜っとすべらすとあら不思議!全然力を入れないのにプシューっと紙が折れていくではありませんか。これは気持いい!!くせになりそう!!やはり道具というものはすばらしいと思いました。これで面倒臭かった折作業の時間が一気にオアシスの時間に変わりました。無駄な力を入れずにきれいにできる喜び!これをくり返すと、この先やらなければいけない頭を駆け巡るいろいろな事が、きれいさっぱり頭が真っ白、禅の境地です(って違うか)。
d0017082_239284.jpg

[PR]
by mapmagazine | 2007-04-15 23:10 | 編集日誌

どっちをとるか

入稿用デザインの仕上げがなかなか終わらない。今メインで使っているのがmacOS9なのだけど、古いバージョンのillustrator8.0だと出来ない事があるのでillustratorCSの入っているもう一つのibookに移す。でも使い慣れないので調べたり、すごく重いので仕上げはOS9に移すことにする。でもCSとの互換性が完全にできないみたい。これでは仕上げが出来ない。やっぱりibookでやることにする。などとやっているうちに何だか混乱してくる。OS9とOSX両方だと本当に使いにくい。そのうち両方OSXにしなければならない日も近い感じ。でも大きな引っ越しになってしまうし・・・こんな事で時間を費やしてしまうのが歯がゆい。
[PR]
by mapmagazine | 2007-04-01 17:56 | 編集日誌

紙選び

 いつもお世話になっている花岡製本所へ久しぶりに伺う。花岡さんにいろいろな紙を見せていただく。ちょっとした紙の違いで印象が変わるのでとても迷う。でもとても楽しい時間。結局はプリンタとの相性。紙が巻き込まないか、にじまないか?
 まずはレーザーで行くかインクジェットでがんばるか決めなきゃ。どちらも一長一短。どうしよう・・やはり何種類かの紙で実験してみるのがベストだということに。竹尾のショールームにもいってみよう。やっぱり紙っていいなあ・・・
[PR]
by mapmagazine | 2007-02-20 11:03 | 編集日誌

仕入れの問題

最近世の中では雑誌が売れなくなっているらしい。雑誌といってもいろいろで一言では括れないけれど、雑誌をこよなく愛する立場のものから見ると、買いたいと思える雑誌が少なくなっているということはあるかもしれない。それでも私のような雑誌好きは買ってしまうけれど。
 良く見るアートやファッション雑誌の世界しか分らないが、それは私は情報の仕入れの問題かもしれないと思う。例えばその業界で「この人の言っている事をチェックしておけば間違いないだろう」という人がいたら、その人が仕入れたものを仕入れるという事が多くなっている気がする。つまり直接現地で買い付けるのではなくて、目利きと評判のオーナーのセレクトショップから買い付けてまた売っているセレクトセレクトショップのようなものなのではないか。だからそういうものが増えるとどの雑誌をみても同じということがあるのだと思う。直接仕入れているものならば、それはガリ版で刷ったチラシでも手書きのミニコミでも面白い。そういうものを少しでも多く見たいし、作りたい。
[PR]
by mapmagazine | 2007-02-03 23:01 | 編集日誌

カラーページ入稿

ハシモトミカちゃんから送られてきた新作に驚く。少女マンガのようなきらきらした目の不思議な人や子供のイラスト。でもなぜか今まで見た事のないような不思議な雰囲気の生き物のようにも見える。その中の一つ赤ちゃんのイラストについて電話でミカさんは「赤ちゃんを描いているけど、本当の赤ちゃんのモデルは近くにいないから、結構影響受けているのがチニタ(愛猫)の表情だったりするのよね」と言っていました。なるほど。これでこの不思議な感じの秘密が少し分ったような気がする。
[PR]
by mapmagazine | 2007-01-17 10:04 | 編集日誌

楽しみ。

マップ第三号、準備に相当時間がかかってしまいましたがその分ラッキーな出会いを待つ事が出来たように思います。それぞれの世界観を持ち、独特かつ魅力的。そんな人たちで作られるマップ第三号は面白くない訳がない!と私一人ほくそ笑んでいます。ここまでくればもう大丈夫。あとは作るのみ。こんな気分で年末が迎えられて良かった。。詳しい内容は近日発表致します。
 マップを読んで下さった方、イベントにいらして下さった方、参加して下さった方、販売して下さった方、いろいろ告知して下さった方、みなさま本年は大変お世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by mapmagazine | 2006-12-30 01:13 | 編集日誌

ファミレス会議

今日は今度のmapで紹介する新ブランドのデザイナーの田中さんとgento氏と表参道で打ち合わせ。10時に待ち合わせるが、ほとんどのお店が11時開店だったので、ROYAL HOSTに落ち着く。せっかく青山に行ってファミレスというのも物足りない気がしたけれど、テーブルも広いので、打ち合わせには最適の環境だった。メニューも豊富だし。こんどはモーニングセットが食べたい。
 朝の限られた時間での打ち合わせは短時間なのにいろいろ話が出来てとても充実していた。これが夜だったらきっと話題が脱線し、まったりモードになってしまうだろう。ブランド名が変更するらしい。名前から来るイメージの影響は大きいから名前を決めるのも大変だ。記事はだんだん良い感じで固まってきた。期が熟したという感じ。あとは形にしていく番です。
[PR]
by mapmagazine | 2006-10-31 00:11 | 編集日誌

撮影と蚊の大軍

今日は新進気鋭の若手デザイナーによる新しいブランド、ATELIER WALTZ の作品撮影。
午後からは屋外で撮影。出かけた先は国立天文台。趣のある古い建築と自然に囲まれた空間。晴天にめぐまれ、気分はピクニックだったのに、そこには予想外の出来事が待っていました。
 子孫を残そうと命がけの今年最後の蚊の襲撃に会い、蚊との壮絶な戦いを間をぬっての撮影に。長そでのW君は顔を集中攻撃、露出された皮膚なら所構わず襲いかかる蚊。蚊。蚊。守衛さんに蚊よけスプレーを貸してもらう事ができて本当に助かった。これがなかったらもうアウトでした。でもムヒはないので、刺されてしまったらひたすら我慢。なぜリンスインシャンプーのように蚊よけとキンカンが一緒になったスプレーがないんだろう?きっとあったら売れると思うんだけどなあ。。
 相当刺されたであろうモデルさんですが、写真では蚊の気配すら感じさせない余裕の雰囲気をかもし出していました。完璧です。この写真は次号のマップに掲載予定です。


d0017082_18161336.jpgd0017082_18171250.jpg
[PR]
by mapmagazine | 2006-09-25 00:25 | 編集日誌

ファッション特集するにあたって

ファッションを特集するにあたっていろんなファッション雑誌を見てみたのですが、パラパラめくるほど何だか混乱してしまう。ファッションというものは私達にとって、衣食住の衣に関わるとても身近なものである反面、捕まえようとすると雲みたいにふわっとどこかへ逃げてしまうような感じがする。銀座等を歩いているとまるで街を歩いている人が雑誌からそのまま出てきたような印象だけれど、果たして都市に生きる人にとってのリアルなファッションというのはどこにあるのかというとさっぱり分らなくなってしまう。
 普通、流行はファッション業界からジャーナリストを経由して雑誌等を通じて一般の人たちに届く。もちろん私自身ファッション雑誌を見るのは大好きですが、ファッション雑誌をいくら眺めても見えてこないものがあると思う。
 きっとmapにできることはそれを探していくことかなと思います。ファッションをなるべく自分達の視点から見てみること。ひとりひとりにとってのファッションとの関係を深めていく事で面白い物が出来てきたらいいと思うのです。
[PR]
by mapmagazine | 2006-09-19 00:09 | 編集日誌