mapパーティ報告

準備に手間取ってしまって、開場直後の時間は冷や汗タラ〜でしたが、早くこの間をうめなくてはと、気付けに一杯飲んだハシモトさんと慣れないマイクを握りつつトーク開始、そのうちハシモトさんの映像を上映しているうちに、だんだん会場の温度も上昇してきて、次々と美味しい食事が出て、お酒も入ってきて、やっとパーティらしくなり、手作りクッションの上でくつろぐお客さんの笑顔を見てホッとした次第です。
 DJ集団も準備に時間をかけていただけあって、聞きごたえのあるものになり、平石さんの音で、また会場の空気感ががらっと変わって面白いものになりました。まさにmap第二号の「音と場所」の関係を考えた時、パーティ会場にとっての音楽の大切さを切実に実感した次第です。
 まったりとした雰囲気ながらも、楽しんでいただけたような感じで本当によかったです。
 パーティの企画は初めてでしたが、お客さんとスタッフの1人1人の協力によって出来上がる空間というのは今まで1人で仕事をすることが多かった私にとって、1人では絶対に出来ない貴重な経験になりました。
 パーティ御来場の皆様、本当にありがとうございました!!そしてスタッフの皆さん、いきなり当日にヘルプに入ってくれたお客さんに感謝!!今回の経験を次回に生かしていきたいと思います。
  あ〜紅白でゴリエ見ながら今年一年もあと一時間半と思うとなんだか感慨深いなあ・・・12月31日のこの独特の空気嫌いじゃないんですよね・・・今年はmapにはじまりmapに終わる一年だったけれど、いろんな人との出会い、得たものはとても大きかったです。来年もよろしくお願いします!
d0017082_2372145.jpg

[PR]
by mapmagazine | 2005-12-31 22:42 | NEWS&イベント


<< ファッション雑誌って何? mapパーティ詳細 >>